ターブセラピーはなぜ有効に働くのか

ターブセラピーは脳卒中のセラピーをどの様に改革したのか

How has Taub Therapy changed thinking toward stroke therapy?

以前は患者たちの相当数が、生涯無能者、あるいは障害者として生きなければならないと告げられた。事実過去の研究では、脳卒中または脳障害を発症した場合は、一年以内に可能な回復の最高のレベルに達してしまうとされてきた。しかしながらターブ博士のCIセラピーの分野での画期的な研究によって患者たちは、たとえ脳卒中、脳障害が何年前に起こったとしても、手足の使用を改善できるという希望を持つことができるに至った。ターブ・セラピー・クリニックはこれらの患者にゴールを達成する機会を提供している。

脳卒中で脳がダメージを受けたとき、脳の中で何が起こっているか

What happens when the brain is damaged following a stroke?

脳卒中を発症したときに脳は脳への血流の欠乏によってダメージを受け、さらに周辺の脳細胞へと損傷が拡大してゆく。そして回復を始める最初の一週間の間に「損傷を受けた手足を使わないという思い込み」が強烈な傾向(StrongTendency)として現れる。学問的にはこれを「使用できないという思い込み(Learned Non-use)」といわれるが、これは脳の損傷を受けた部署からコントロールされる身体の各部にまで進んでゆく。損傷を受けた手足は弱く、コントロールすることが困難であるために、いきおい患者は損傷を受けていないほうの手足に依存することになるからである。しかしながら、脳が回復し始め、損傷の拡大が収まるにつれて、損傷を受けた脳神経の周りの神経が急速に他の機能を果たし(Recruit for other functions)始める。実際、この現象がターブセラピーの「使いますか、それともあきらめますか?(Use it or lose it)」というコンセプトの源泉である。使用されない(損傷を受けた)脳神経に関連した手足は脳のほかの機能によって補完される。 

ターブセラピーはどのようの機能するか?

How does Taub Therapy work?

ターブセラピーは、患者の発祥初期、障害が残った後の「使用できないという思い込み」を、患者自身で克服することを支援する。ターブセラピーは脳を再結線できることを証明してきたし、セラピー実施後脳の相当部分がセラピー実施前よりも障害を受けた手足の動作を作り出すことに関与していることを証明した。

脳卒中があなたから奪ったものを取り戻せ!

Get back what your stroke took away

脳卒中を発祥したことによって不可能になったと思っている「かっては愛していた様々なもの」「かっての生活」、今こそそれを取り戻す希望がある。脳卒中が、脳障害が何年前に発症したかはまったく関係がない。ターブセラピーは過去に治療を受けた患者の95%以上の患者が障害を受けた手足の機能を回復 することができることを証明した。