ターブ・セラピーの成功

2001年開業以来、ターブ・セラピー・クリニックはスクリーニングによって適格とされた患者の実に95%に及ぶ患者が、自己の独立性を再発見することを助けてきた。この結果はきわめて衝撃的であったのでTaub Therapy ClinicはThe New York Times、US News and World Report、USA Today、The National geographic Channel、CNN、ABC、CBS など多くのメディアで紹介された。 

個々の患者に合わせて、家庭で実施するためのプログラムを作成して提供していることから、ターブ・セラピーは患者が自分自身で継続して症状を改善する能力を付与している。患者はそれぞれ違った目標を持っている。ある人にとっては「楽器を再び奏でる」ことであり、ある人にとっては「しっかりと歩くこと」であったりする。あるいは当初の目標としては単純に「障害のある手で電灯のスイッチを開閉する」ことであったりするかもしれない。動作に関して最低の進歩であっても、新しい人生の展望を開く端緒となるものである。

ターブ・セラピーは又介護者にとって、介護専門の人生を離れ、再び働くことを可能にするなど重要なインパクトを与えた。最近の調査によれば、家族の介護のために仕事をやめざるを得なかった人の70%が、彼らの愛する家族がターブ・セラピー・クリニックのセラピーを完了した後復職を果たしている。